« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金相談窓口業務延長(20040901) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ILO労働者経済安全性ランキング(20040901) »

2004.09.02

【社労士:労働統計】労働一般 > 大学新卒者初任給(20040901)

大卒事務系の初任給、横ばいの20万3557円・経団連 2004/ 9/ 1 NIKKEI NET
今春新卒初任給、88.3%が据え置き・経団連まとめ 2004/ 9/ 1 NIKKEI NET

日本経団連(奥田碩会長)が1日発表した2004年4月入社の「新規学卒者決定初任給調査結果」によると、大卒事務系の初任給は20万3557円で、前年比0.15%増とほぼ横ばいだった。
業績が好転したものの、春闘でのベアゼロが定着し、初任給を引き上げにくい状況になっている。このため初任給を据え置いた企業は前年比3.1ポイント減の88.3%と、3年連続で8割を超える高水準となった。
調査は経団連会員企業2048社、725社回答。大卒事務系が20万3557円(前年比+0.15%)、技術系が20万4431円(前年比+0.08%)。ベアゼロが期待できない現在、就職時に決定された賃金が上がる保証はない。賃金を上げる手段は、転職となってしまっている今、いかに自分の技術力を磨き、経験を積み、他の会社により高い賃金で雇ってもらえるかということを新卒者は考えざるを得ない状況に置かれている。学生時代の受験勉強に似た競争が、終わらずに続いていく感覚を受けているのかもしれない。賃金に関する不安をもっとも感じている人たちの筆頭にいるのが、新卒者であることは間違えなかろう。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金相談窓口業務延長(20040901) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ILO労働者経済安全性ランキング(20040901) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/1337425

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 大学新卒者初任給(20040901):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金相談窓口業務延長(20040901) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > ILO労働者経済安全性ランキング(20040901) »