« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障体制・年金制度(20040730) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険改革・障害者支援制度統合(20040731) »

2004.08.01

【社労士:労働統計】労働一般 > 6月完全失業率動向(20040730)

6月の失業率、4.6%で横ばい・失業者数は52万人減 2004/ 7/30 NIKKEI NET

総務省が30日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は4.6%で前月比横ばいだった。完全失業者数は309万人と前年同月より52万人減るなど、雇用情勢は改善が進んでいる。ただ、就業者数が7カ月ぶりに減少したほか、25歳未満の完全失業率は9.2%と依然として高水準だった。6月の男女別の完全失業率は、男性が前月比0.2ポイント上昇し4.9%、女性は0.2ポイント低下して4.2%となり、男女格差が広がった。
25歳未満完全失業率が依然高水準(9.2%)、男女間格差増大と、雇用改善に温度差が出つつある。本来正社員で穴埋めするかどうかの判断しかねる部分をすべて派遣労働者、パートタイム労働者で穴埋めしていっている感あり。派遣労働者の増大が皮肉な結果を招きつつある。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障体制・年金制度(20040730) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険改革・障害者支援制度統合(20040731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/1101601

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 6月完全失業率動向(20040730):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障体制・年金制度(20040730) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険改革・障害者支援制度統合(20040731) »