« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策・日系人若年者の就職支援(20040608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 保険料徴収効率化・社会保険庁改革(20040608) »

2004.06.08

【社労士:労働統計】労働一般 > 労働経済動向調査(20040608)

労働動向調査:中途採用実施の企業増加 2004/ 6/ 8 MSN-Mainichi INTERACTIVE

厚生労働省が発表した労働経済動向調査で、パートタイマー労働者の不足を感じたり、労働力不足から中途採用を実施している企業が増加傾向にあることが明らかになった。従業員30人以上の企業5408社に対し、2947社からの回答を得たことによる内容。同省は「景気回復、経営状態の好転が背景にある」と推測している。 5月現在では「パートタイム労働者過不足判断指数」(パートタイマー不足とした企業割合-パートタイマー過剰とした企業割合)が17ポイント(前回調査4ポイント増)、中途採用実施企業が51%増(前年同期比8ポイント増)、新卒採用者の増員予定企業が高卒12%(前年比2ポイント増)、大卒文系14%(4ポイント増)、大卒理系17%(5ポイント増)。
この人手不足感は「雇用状況の好転」とみたいところであるが、最近は数値だけでは楽観視できないというのが本音。数値の判定で痛い目を見るのもしばしば。しばらく推移を見届けて初めて判断できるということなのだろうが、本当に景気が好転していることを願いたい。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策・日系人若年者の就職支援(20040608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 保険料徴収効率化・社会保険庁改革(20040608) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/734514

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 労働経済動向調査(20040608):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策・日系人若年者の就職支援(20040608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 保険料徴収効率化・社会保険庁改革(20040608) »